医療求人情報サイト

医師・看護師・薬剤師の情報をまとめていきたいと思います。

*

【転職・復職したい看護師さん向け】 看護師さんが職場復帰するためのお役立ちまとめ

職場選びのヒント

 

自分に合った働き方で安心して働くためには、

職場選びがとっても大切です。

 

職場タイプ別のメリット・デメリットを知っておくと、

職場選びがスムーズです。

 

スタッフの人数が少ないクリニックでは1人休むとほかの人に負担がかかるため、急な休みがとりづらいですが、ママさんナースの多い職場では子育ての理解が得やすく、休みがとりやすいといった面も。特徴がわかれば、どの職場が自分にとって働きやすいか、職場選びのポイントになります。

職場タイプ別メリット・デメリット

職場タイプ メリット デメリット
クリニック 夜勤はなく、日曜祝日を休みにしているところが多い。 子どもの発熱など、突発的な休みがとりづらい場合も。
病院外来 託児所や病児保育室を併設している場合もあり、融通がききやすい。幼稚園送迎を行っているところもあり、幼稚園で学ばせたいママにも◎ キャリアを重視されることも。
訪問看護・介護施設 残業が少なく、基本的に土日祝日休み。託児所を利用できる場合も。 電動自転車、徒歩で回りますが、場合によっては運転免許が必要に。
慢性期ケアミックス ママナースが多く、比較的子育てに理解のある職場が多い。 急性期が長い人には、少しゆったりと感じることも。
健診センター 残業が少なく、冬期など忙しくない時期には連休が取りやすい。 早朝の出張健診がある場合も。給与が比較的低め。
透析 残業が少なく、突発的な休みにも比較的対応してもらえる。高給与。 2部制だと日勤のみだが、施設により3部制で夜勤がある場合も。
産業保健師 基本的に土日祝日が休み。大手企業の場合、託児所を併設していることも。 倍率が高く、狭き門。正社員採用が少ない。

引用:https://baby-calendar.jp/special/article/nurseful/01

あなたが現在お持ちの医療系資格について、あてはまるものをすべてお答えください。

 現在、または過去に医療業界に勤めていた事(アルバイトやパート勤務を含む)がありますか。

復帰・転職をされて、仕事に対しての満足度について教えてください。

あなたは現在、看護師(准看護師、助産師、保健師を含む)として転職の意向はありますか。

公開日: